生活お役立ち

梅雨でも洗濯物を快適に乾かす方法!おすすめカビ対策もご紹介♪

更新日:

毎年この時期になるといつも憂鬱なのが「梅雨」です。私は梅雨の季節になるとどこか気分が上がりません。梅雨の時期って、洗濯物が乾かなかったり部屋干しすると洗濯物が半乾きで臭くなったり、湿気のせいでカビが生えたりなどなど…本当にいいことがありませんよね。中には梅雨が好きな人もいるかと思いますが、たぶん私は梅雨が好きになることはないでしょう。。。。そこで今回は梅雨でも快適に過ごす方法や梅雨の時期の洗濯物を乾かすオススメの方法をお伝えしていきたいと思います!

梅雨でも洗濯物を快適に乾かす方法!

サーキュレーターを使う

扇風機を使うのももちろん効果的ですが、扇風機よりもピンポイントに集中的に風を送ることができるサーキュレーターは洗濯物の乾燥にとても効果的です。扇風機よりも機体が小さいこともあり、場所を選ばず使えることから今人気が出ています。

コインランドリーを使う

実は今コインランドリーを利用する人が急増しているのをご存知ですか?コインランドリーというとどこかあまりいいイメージを持たない人が多いかと思いますが、最近では最新の機体を導入している店舗が多く、仕上がりもまるでクリーニングに出したようにキレイにふんわりと仕上がります。洗濯と乾燥機が一緒になっている機体では1時間程で大容量の洗濯が終わってしまいます。

洗剤の他に酸素系漂白剤も使う

酸素系漂白剤には除菌効果が高いので、半乾きの嫌なニオイなどを抑えてくれます。シミなどにも効果的なので私も普段からこの方法で洗濯をしています。

脱水後の洗濯はすぐ取り出す

洗濯機の中は湿度がほぼ100%です。その中に長い時間洗濯物を放置するとどうなるか・・・間違いなく部屋干しのニオイの原因となる細菌が繁殖してしまうので、乾燥機などで乾かさないと嫌なニオイが発生してしまいます。放置しがちですが意識してすぐ干すように心掛けましょう。

カビを発生させないポイント

クローゼットは空気の通り道を作る

クローゼットは空気がこもりますので、湿度が上がりやすい箇所の1つです。特に梅雨の時期は湿度が慢性的に高い状態ですので、適度にクローゼット内に空気が通るように工夫するだけで、大事な洋服をカビから守ることができます。

家具と家具の間に隙間を作る

クローゼットと同様で風通しが悪い箇所には湿気が溜まりやすいので、カビも発生しやすくなります。大きな家具などどうしても動かすことが困難な場合は近くに除湿剤やダンボールを置いておくとカビを防ぐことができます。

除湿剤を設置する

一番メジャーなカビ対策です。カビが発生しやすい箇所に複数設置することでカビを防ぐことができます。注意点としては除湿剤は時間が経つと水分を多く含んできますので、放置をすると除湿剤自体にカビが発生します。

最後に

いかがでしたでしょうか?私はこの記事の方法で梅雨の洗濯物やカビ対策をしていますが、もしその他におすすめの方法がありましたら、是非コメント欄より教えてください♪

梅雨を乗り切れば楽しい夏が待っていますのでそれまでの我慢ですが、頑張って乗り切っていきましょう!

注意点

商品の使用感については個人差があります。商品内のモニター、口コミ、仕様者によるコメント等は全て個人の感想となります。仕様者による実績、使用感、印象などはすべての人に当てはまるものではありません。

-生活お役立ち
-

Copyright© Bimery 〜大人のキレイを応援 〜 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.